家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

家庭教師を頼む前の3つの注意点

まずは、家庭教師を頼まれる前に、そもそも本当に必要なのか再確認をしてもらう為、注意してほしいことを3つ挙げていきたいと思います。

まず1つ目は、どんな子にもすばらしい家庭教師を付ければ成績が伸びると「過信」しないことです。レベルの高い家庭教師を頼んだからといって、子供の成績が必ず伸びるとは言えません。頭のいい先生は「勉強のやり方」をあまり教えず、「答え」だけを教えてしまう傾向があるからです。

例えば、生徒が簡単な問題が分からないと先生に訴えてきた時、頭のいい先生はなぜそれが分からないのかが分かりません。というのも、自分が昔に苦労もせず答えを導き出せたので、簡単な問題を丁寧に順序立てて教えることが難しいのです。そうなると、詳しい解説は抜きにして、答えだけを暗記させるような教え方になりがちです。

また、自分はあまり苦労せずテストなどでいい点を取ってきた人が多いので、最悪「テスト前だけ集中的にやれ!」などと、一夜漬けを推奨する人もいるかもしれません。一夜漬けは勉強方の中で一番手っ取り早いですが、一番やってはいけない方法の一つです。なぜなら、テスト当日に体力が消耗しきってしまい頭の回転が悪くなるだけでなく、短期的に詰め込んだ知識はその日限りで、3日もすれば忘れてしまうからです。ということは、エリートの先生は教えることがあまりうまくないと言えます。

ですので、先生には高い学歴だけを求めないことをお勧めします。もちろん最低限の学歴は必要ですが、どちらかというと人柄を重視して先生を選んだほうがいいということです。さっさと答えだけを教える傾向のある頭のいい先生ではなく、丁寧に一つ一つの問題を教えてくれる「忍耐強い」先生を選ぶべきです。あるいは、少し抽象的ですが「勉強に悩む気持ちを理解できる方」もいい先生の条件の一つです。

はじめから成績が良かったエリートではなく、努力をしてこつこつとやってきた先生であれば、勉強の分からない子の気持ちが理解できます。また、問題を苦労して解いてきたわけなので、そのテクニックを教えてくれたり、解説を丁寧にやってくれたりするはずです。

2つ目には、「金額」だけを見て教師を選定してはいけないということです。安いから簡単に契約をしたり、逆に高いからそれで安心したりしないように気をつけてください。

授業料を抑えたいというのはもちろん大事なことではありますが、そこに気が行き過ぎると、いい先生にめぐり会えません。紹介業者に頼むにしても、個人の先生に頼むにしても考え方は一緒ですが、安い先生はそれなりの人です。人気がないから安価で売り出さないとお客様がつかないという事情もあるかもしれません。業者に頼むときは先生のレベル分けをしているところがありますが、そこは敢えてこちらで指定せず、生徒さんのレベルなどを相談の上決めたほうがいいです。

逆に高すぎるのも何か裏がある場合がありますので注意が必要です。学歴や性格などがしっかり保障されていて、システムなどがはっきり示されているなら大丈夫だと思います。なぜ、その価格設定なのかを確認し、納得の上契約を行なうことが大事です。紹介業者には悪徳な業者がたくさんありますので、気をつけて選別をしていかないといけません。会社の対応がいいに越したことはありませんが、話の内容が曖昧だったり、いいことばかり言ったりするところには警戒してください。少しでも疑問がある場合は臆せずに質問することが、結局はお子様の為になるのです。

3つ目には、親が「やらせたいだけ」で家庭教師を決めないことです。本人がやる気ではない、あるいは塾や通信教材など他の方法を熱望しているのに、無理やりやらせても意味がありません。例えその状態で始めたとしても、長続きしませんし、やる気がないのですから勉強が進まず成績など伸びるはずもありません。結局は時間とお金の無駄になりかねません。

こうゆう場合は、本人をしっかり納得させてから始めるしかありません。とにかく家庭教師はいいらしいというような曖昧な話しでは、今の子供は納得しませんので、まず親御さんが納得のいく説明をしっかりできるよう準備して、説得をする必要があります。なぜ必要なのかという明確な理由を話してあげないと、うまくスタートできないでしょう。明確な理由は、その子の勉強の状態によって様々に提示できます。まず、成績が伸びない原因をしっかり探る為に、子供と話をしてください。原因をはっきりさせておけば、家庭教師を頼む前に対策として示すことができ、本人も納得の上進めていけるのではないでしょうか。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.