家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

おしゃべりで明るい子

では逆に、明るい子にはどのような先生が合うでしょうか。

明るいおしゃべりな子は、周りの子を明るくし、リーダーシップをとるなど学校の行事などでは活躍していますが、その一方で勉強面では同じように活躍しているとはいかないという子も少なからずいると思います。

そのような子には、受身で聞き上手な先生が最適でしょう。明るい子には同じように明るい先生のほうが楽しく授業ができるだろうと考えるかもしれませんが、お互いにしゃべってばかりだと主張が強すぎるので、どうしてもぶつかってしまいますし、そもそも勉強になりません。

明るい子はすぐ質問をし、どんどんしゃべりかけてくるので、傾聴力のある、しっかり話を聞ける人でないと務まらないと思います。生徒の話を聞き、頭の中で噛み砕き理解できるような、落ち着きのある先生がいいです。おしゃべりということは、いつも落ち着きなく、衝動的な面がありますので、それを冷静に沈めていけるようなもの静かな人が尚良いかもしれません。

もちろん、先生である以上話しかけてあげて授業をしていくことが必須ですが、聞き手になる割合が多くても耐えられる性格の人が一番合っているでしょう。子供がしゃべっているのを聞きながら、その言わんとしていることを分析でき、冷静に対処をできる、しっかりタイプの先生が適正です。

そのような先生が付くと、おしゃべりな子は安心して勉強に集中できます。自由にしゃべることができるのでリラックスして授業ができますし、非常にやりやすくなると思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.