家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

受身で主体性のない子

指示すればやってくれますが、自分で率先して行動できないという子は、最近特に増えているように感じます。社会全体が過保護になりつつあり、自分で考えて行動する機会が減ってきているからでしょう。誰でも子供のころは受身なものですが、あまりにも自分から動かないと、今後のことを心配されている親御さんも多いかもしれません。

そのような子には、計画性のあるコツコツ型の先生がいいです。できるだけ明るい方で、引っ張っていってくれるのが大前提でしょう。

「計画性のある」としたのは、きっちりとしたカリキュラムを設定してあげた方が、本人がやりやすいからです。決められていることを黙々とやるというやり方は、このような子には最適です。計画的な授業を常に行なわなければなりませんので、コツコツと続けていけることが苦でない方が尚良いです。

また、問題がわからなくても質問などをあまりせず、解説してくれるのを待っていることが多いので、こちらから常に声をかけていったり、あるいは質問を引き出すようにしたり、そうゆう努力ができる優しい先生が一番でしょう。授業は先生が主体性を持って引っ張っていくように、ある程度の強引さを持っている方にしてもいいかなと思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.