家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

通信教育(つうしんきょういく)

通信教育とは、郵送された教材や、ラジオやテレビ、インターネットなどで授業を視聴して、自宅などで受講生が自学自習形式で行う教育形態のことです。

遠隔地に居住し教育を受ける場の少ない人や、障害を持ち通学が困難な人、既に仕事に従事していて昼間に学校に通えない社会人、また、子育て中の主婦など、時間や場所を選ばずに学習することができるため、幅広い年齢層に利用されています。

また、種類は多岐にわたり、資格取得や趣味、実用講座などを行う社会人向けの講座から、学校教育の一環として設けられている中学校や高等学校、大学などの通信制過程などさまざまです。

主な学習方法としては、事業者から郵送又はインターネットなどで課せられた教材(テキストやレポートなど)を自習形式で解き、それを事業者に返信し添削・指導してもらう方法や、ラジオやテレビ、インターネットを通じて番組を視聴し学習する方法などがあります。

卒業資格(修士号や学士号)を取得できる通信教育の中には、定期的な面談や会場での筆記試験、学校での授業の受講などを義務づけている場合もあります。最近では、インターネット(オンデマンド)のみで卒業に必要なすべての講義や面談を行うeラーニング大学と呼ばれる通信課程のみの大学も存在します。

しかし、受講生がいつでも好きな時に好きな場所で、自分のスピードで学習できるメリットがある一方、学習意欲の継続が難しく、質疑が生じた場合に解決に時間がかかる(特に郵送形式の通信教育の場合)などのデメリットもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.