家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)

高等専門学校とは、専門学芸の教授及び職業に必要な能力を育成することを目的とした教育施設であり、その目的を実現するための教育を行い、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする、と定義されています(学校教育法第105条)。

高等専門学校で教育を受ける者は「学生」と表記されます。高等専門学校は、5年制の学校ですが、商船に関する学科のみ5年6月制となっています(学校教育法第117条)。

入学資格として、中学校若しくはこれに準ずる学校を卒業した者、又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者(中卒認定など)とされています(学校教育法第57条)。

高等専門学校を卒業した者は、準学士の学位が授与され(学校教育法121条)、各大学校の定めるところにより、2年以下の期間を控除した学年から編入学することもできます(学校教育施行規則第178条)。

学科は大きく分けて工業系と商船系の学科があり、工業系の学科には、機械工学科、電気工学科、電子制御工学科、情報工学科、物質工学科、建築学科、環境都市工学科などがあります。

また、商船系の学科には商船学科があり、それ以外にも経営情報学科、情報デザイン学科、コミュニケーション情報学科、国際流通学科を設置している学校もあります。

高等専門学校の授業科目は、各学科に共通する一般科目(国語、数学、外国語など)と学科ごとの専門科目に分かれています(高等専門学校設置基準第16条)が、5年間(商船は5年6ヶ月)を通して両科目を並行して学習していきます。

1学級の学生の数は40人を標準としています(高等専門学校設置基準第5条2項)。高等専門学校の教員には教授、准教授又は講師などがあり、教育職員免許などは存在しませんが、学士あるいは専門職学士を有する者などの資格取得が義務付けられています(高等専門学校設置基準第11条)。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.