家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

大学校(だいがくこう)

大学校とは、学校教育法に定められた学校以外で、大学と同等水準の高度な教育訓練を目的とした教育施設の総称であり、学校教育法第1条に規定される「大学」とは異なります。

学校教育法上では、専修学校に属しながら名称では大学校を使用している場合もあります。また、学校教育法の定める大学が文部科学省の所管であるのに対して、大学校は運営する団体によって所管が異なります。

現在、大学校を規定する法律はなく、学校種が専修学校に属する教育施設以外は、入学資格や修学期間、教育課程などは各教育施設が独自(或いは所管の規定する法律に基づき)に設定しています。

名称に大学校を使用している教育施設は、大きく以下のように分類されます。

(1)国の各省庁(一部は独立行政法人)が所管する高度教育訓練を目的とした省庁大学校(防衛大学校や警察大学校など)

(2)都道府県や市町村が、職業訓練や生涯学習のため運営している教育施設(職業能力開発短期大学校や市民大学校など)

(3)職業訓練法人により運営している教育施設

(4)株式会社が、自社技術の継承、又は社員の資格取得や研修のために運営している教育施設(ものづくり大学校など)

(5)学校法人が運営する教育施設(朝鮮大学校や自動車大学校など)

以上の他にも、政党や財団法人、特定非営利活動法人、各種組合などが設置する大学校もあります。

また、独立行政法人大学評価・学位授与機構によって認定された大学校(防衛大学校や職業能力開発総合大学校など)では、学校教育法第104条にある学位を受けることもできます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.