家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

専修学校(せんしゅうがっこう)

専修学校とは、学校教育法第1条にある学校以外で、職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、教養の向上を図ることを目的として組織的な教育を行う(他の法律に特別の規定があるもの及び我が国に居住する外国人を対象とするものを除く)教育施設のことです。

また、設置の際には学校教育法第124条により

(1)修業年限(期間)が1年以上であること。

(2)授業時間数が文部科学大臣の定める授業時間数以上(通常学科は年間800時間、夜間学科等は年間450時間以上)であること。

(3)教育を受ける者が常時40人以上であること。

以上の条件に適合している必要があります。

専修学校の教育課程は、学校教育法第125条により、次の3種類に分類されています。

(1)「高等課程(高等専修学校)」中学校若しくはこれに準ずる学校を卒業した者若しくは中等教育学校の前期課程を修了した者又は文部科学大臣の定めるところによりこれと同等以上の学力があると認められた者に対して、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて教育を行う課程。

(2)「専門課程(専門学校)」高等学校若しくはこれに準ずる学校若しくは中等教育学校を卒業した者又は文部科学大臣の定めるところによりこれに準ずる学力があると認められた者に対して、高等学校における教育の基礎の上に、教育を行う課程。

(3)「一般課程」高等課程又は専門課程の教育以外の教育を行う課程。

また、専門課程(修業期間が2年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る)を修了した者は、大学に編入学することもできます(学校教育法第132条)。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.