家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

名誉教授(めいよきょうじゅ)

名誉教授とは、大学から授与される称号のひとつです。

学校教育法第106条により「大学は、当該大学に学長、副学長、学部長、教授、准教授又は講師として勤務した者であって、教育上又は学術上特に功績のあった者に対し、当該大学の定めるところにより、名誉教授の称号を授与することができる」とされています。

教授職を示す言葉ではなく、あくまでも称号のひとつです。表記する際は、当該大学名を語頭に明記し「○○大学名誉教授」などと記載されます。

学校教育法以外に、各大学に「名誉教授称号授与規程・規則」があり、その授与基準は大学により異なります。一般的な選考方法としては、当該大学退職者を対象に規定年数以上勤務した者の中から、学長や学部長の推薦により、学内に設けられた教育研究評議会の審議を経て授与されます。

また、授与後に名誉教授にふさわしくない行為が発覚した場合は、称号の授与を取り消すことを規定している大学もあります。

その他にも、省庁大学校の一部で名誉教授を授与しています。大学校は学校教育法に基づく学校(大学)には含まれないため、学校教育法上の規定はありませんが、各省庁で作成された「大学校名誉教授の称号授与に関する訓令」などで、名誉教授の基準について規定しています。

名誉教授と類する称号で、「名誉博士」、「特別栄誉教授」、「名誉客員教授」、「特別功労教授」などがありますが、いずれも学校教育法に基づくものではなく、各大学が独自の基準で授与しています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.