家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

受験票(じゅけんひょう)

受験票とは、試験を受ける人(受験者)に対して、試験の主催者がその試験を受ける資格を有することを証明し、また、試験会場での受験者の本人確認などのために作成される書類のことです。

試験会場に入場する際や試験中に明示することを義務付けている場合も多く、紛失した場合や持参を忘れた場合には、試験を受験できないこともあります。ただし、仮受験票の発行などで対応できる試験もあります。

受験申し込み後、提出書類に不備がなく受験の許可を与えた者に対して、試験の主催者が試験日までに所定の受験票を受験希望者に発行・送付します。基本的には郵送が主流ですが、警視庁や東京消防庁など一部の官公庁や民間企業が主催する試験、また私立大学の一部では、インターネットによる受験票の発行・印刷が可能な場合もあります。

ただし、前述のように本人確認のための重要書類として扱われるため、氏名の誤記など記載内容に問題があると受験できないこともあり、到着後の内容確認も大切です。

また、住所確認のために郵送のみで受験票を発行している試験もあり、指定日までに受験票が到着しない場合は早急に主催者に連絡することが必要とされています。

主催者の作成した所定の受験票には、本人確認のため氏名と写真の貼付などの他、主催者側が発行した受験番号などが記載されています。受験番号は試験時の座席指定や、合格発表にも用いられています。

合否や成績の発表では、個人情報の保護などの観点から受験番号のみで発表している試験も多く、合否確認や成績照合の際に必要となる場合もあります。

特に入学試験などでは、入学手続きの際に合格を証明する書類として、受験票の提出を義務付けている学校も多いため、受験後も慎重な保管が求められます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.