家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

専願(せんがん)

専願とは、入学試験で適用される選抜方法のひとつで、入学試験に合格した際に必ず入学することを条件に、願書を提出することです。

別称で「単願」とも呼ばれます。合格時の入学を条件としているため、他の学校への出願を制限している場合が多く、複数の学校を受験することは原則的にできません。

私立校では、生徒・学生を優先的に確保できることから、一般入試や併願に比べ、入試の合格条件を優遇している場合がほとんどです。

具体的には、入学試験が面接または作文(小論文)のみである、一般入試の学力試験に比べて受験科目が少ないまたは難易度が低めである、応募条件として課されている内申点の基準が併願よりも低く有利に設定されている、などの例が挙げられます。

また、受験者数が限定されることから、一般入試(併願)よりも受験競争倍率が低くなる傾向があり、特に私立の専願入試の合格率は非常に高いのが特長です。

不合格者に対しても、同校の一般入試(オープン入試)を受験した場合には、加点などの優遇制度を設けている学校もあります。

高校や大学の入試では、大部分の学校で推薦入学の条件を専願としています(一部の併願推薦を除く)。そのため、一部の地域では推薦入試のことを専願(単願)と呼ぶこともあります。また、専願での推薦入試を「A推薦」や「推薦Ⅰ」と表現している学校もあります。

ただ、学校によっては専願での出願にあたり、内申点に一定の条件を設けている場合や特別活動(ボランティア活動)を重視する場合もあるので、事前に確認しておくことが大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.