家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遠隔地受験の交通費(えんかくちじゅけんのこうつうひ)

遠隔地受験とは、居住地から遠く離れた場所にある学校や会場で試験を受けることを指します。

交通機関の発達により、飛行機や新幹線を利用して、他の都道府県にある学校を受験することも珍しくなくなりました。そのため、一部の私立学校では遠隔地からの受験者に対して、交通費の一部を補助する制度を設けています。

これは、少子化の影響にともない受験者数が減少していることから、少しでも受験者を確保したい学校の配慮とも言えます。

また、一部の航空会社には「受験生割引」があり、入学試験または入学手続きを目的として、飛行機を利用する受験生本人に対して、受験票などを提示することで運賃を割引するサービスを実施しています。

また、現役高校生や一部指定予備校の本科生は学割を利用してJRなどの乗車券を購入することもできます。

中学校、高校、大学の入学試験のピークが、1月~2月の冬季に集中していることから、雪による交通機関の乱れにより、試験会場までの移動に支障を来たすことがあります。

万が一、交通機関の乱れにより試験開始時間までに到着できなかった場合は、各交通事業者の発行する「遅延証明書」の提出により、試験時間の変更などの救済措置をとっている学校もあります。

一部の交通事業者では、インターネットによる遅延証明書の発行も行っていますが、これは遅延が生じた交通機関に乗車していたことを必ずしも証明するものにはならない為に注意が必要です。

また、一般的にバスやタクシー、自家用車の渋滞などによる遅れは救済対象に含まれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.