家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遠隔地受験の宿泊費(えんかくちじゅけんのしゅくはくひ)

遠隔地受験とは、居住地から遠く離れた場所にある学校や会場で試験を受けることを指します。

交通機関の発達により、飛行機や新幹線を利用して、他の都道府県にある学校を受験することも珍しくなくなりました。しかし、中学校、高校、大学の入学試験のピークが、1月~2月の冬季に集中していることから、雪による交通機関の乱れにより、試験会場までの移動に支障を来たすことがあります。

特に遠隔地からの受験で飛行機や新幹線を利用する際は、受験日当日の欠航や運休に備えて、前日に移動し試験会場の近くに宿泊するケースも少なくありません。

一般的には、ビジネスホテルやシティーホテルが利用されますが、複数校受験する場合などはウィークリーマンションなど長期滞在型の宿泊施設を利用することもあります。

旅行会社や宿泊施設では、受験生向けに様々なプランを準備しています。旅行会社では、交通機関の手配と宿泊がセットになったプランや、試験会場までのアクセス方法を記したパンフレットを作成したりしています。

また、宿泊施設では、学習机の準備や電気スタンドの貸出し、昼食用の弁当手配などのサービスを行っている施設もあります。

一部の業者では、受験校の現役学生による相談会や、バスによる試験会場までの送迎サービスを行っているところもあり、受験生の減少により業者間の競争も過熱してきています。

人気の宿泊施設は早期に満室になるケースも多いため、半年ぐらい前から宿泊先の予約を進めることが多いようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.