家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

過去問(かこもん)

過去問とは、入学試験などで過去に出題された問題を指します。

各学校で作成される入学試験には、出題される問題や難易度などに一定の傾向があると考えられています。そのため、受験対策として志望校の過去問を解くことが出題傾向を掴む意味でも効果的であると言われています。

また、今までは公平性の観点から、過去に出題された問題や類似した問題は翌年以降の試験には利用しないのが慣例でしたが、大学入試センターでは良質な問題を出題する目的から、早ければ2010年実施のセンター試験から過去問の使用を解禁する方向で検討しています。

過去問の問題集は各学校別に作成されているのが一般的で、学校別の過去問以外にも、大学入試センター試験の過去問を集めた問題集なども出版・公開されています。

大学受験で使用される過去問の問題集として「大学入試シリーズ(通称「赤本」)」(図書出版数学社)などが有名ですが、近年では、インターネットの普及によりパソコンで過去問を閲覧・印刷することが可能となりました。

大学入試センターのホームページでは、過去3年間のセンター試験をダウンロードすることもできます。

しかし現在、一部の出版社で著作権の問題により、国語や英語の問題で使用されている文章の一部が掲載できない事態が生じています。これは、2005年に数名の作家と業界団体が、過去問の問題集を出版する会社に対して、著作権の侵害を訴えて提訴したのがきっかけです。

入学試験などで引用される著作権のある文章(小説や随筆)の利用は、著作権法第36条によって認められていますが、これを有料で出版するのは著作権の侵害にあたるとしたものです。

2005年以降に出版された過去問の問題集の中には、問題は掲載せずに解答のみを提供している本もあり、今後の動向が注目されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.