家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

准教授(じゅんきょうじゅ)

准教授とは、大学、短期大学及び高等専門学校(以下、「学校」と表記)において、専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の優れた知識、能力及び実績を有する者であって、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する(学校教育法第92条7項)専任教員の職制のひとつです。

学校教育法の改訂により平成19年度から新設されました。学校に勤務する専任教員の中では、「教授」に次ぐ職階にあたります。

学校教育法改訂前までは、「助教授」が教授に次ぐ職階として存在しましたが、改訂後に「助教授」は廃止されました。

それまで、学校教育法上「教授を助ける」ことを職務内容としていた「助教授」を廃止し、自ら教育研究を行うことを職務内容とする「准教授」という職が新たに設けられました。

学校教育法第92条により、「大学には学長、教授、准教授、助教、助手及び事務職員を置かなければならない。ただし、教育研究上の組織編制として適切と認められる場合には、准教授、助教又は助手を置かないことができる」とされています。

准教授の資格については、大学設置基準第15条に「次の各号のいずれかに該当し、かつ、大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力を有すると認められる者とする」と規定されています。

各号は以下のとおりです。

(1)大学設置基準第14条各号(教授の資格)のいずれかに該当する者。

(2)大学において助教又はこれに準ずる職員としての経歴(外国におけるこれらに相当する職員としての経歴を含む)のある者。

(3)修士の学位又は学位規則第5条の2に規定する専門職学位(外国において授与されたこれらに相当する学位を含む)を有する者。

(4)研究所、試験所、調査所等に在職し、研究上の業績を有する者。

(5)専攻分野について、優れた知識及び経験を有すると認められる者。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.