家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

指導教諭(しどうきょうゆ)

指導教諭とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校(以下、「学校」と表記)において、児童(幼児)の教育(保育)をつかさどり、並びに教諭その他の職員に対して、教育指導(保育)の改善及び充実のために必要な指導及び助言を行う(学校教育法第27条8項及び第37条10項)職員のことです。

別称で「スーパーティーチャー」と呼ばれる場合もありますが、これは法令上の呼称ではありません。

学校は、必要に応じて、指導教諭を置くことができます(学校教育法第27条2項ほか)。また、これまで置かれていた教務主任、学年主任、生徒指導主事などの職も、指導教諭をもって、これに充てる(学校教育法施行規則第44条3項ほか)と規定されています。

この職制は、平成19年6月の学校教育法の改訂により新設されました。これは、近年の学校教育が抱える課題の複雑化・多様化に対応するために、組織的・機動的な学校運営が行われるよう、学校の組織運営体制や指導体制の充実を図るために実施されました。

主な職務内容としては、学校の教員として自ら授業を受け持ち、所属する学校の児童生徒等の実態等を踏まえ、他の教員に対して教育指導に関する指導、助言を行うことなどが想定されています。

指導教諭を設置することによって、個々の教員の授業力が向上し、各学校において優れた教育実践が行われることが期待されます(平成19年度文部科学白書より)。

指導教諭の資格については、教育職員免許法第3条に「指導教諭については各相当学校の教諭の免許状を有する者を、充てるものとする」と規定されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.