家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

教諭(きょうゆ)

教諭とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校(以下、「学校」と表記)において、児童(園児)の教育(保育)をつかさどる(学校教育法第27条9項及び第37条11項)職員のことです。

学校教育法第27条ほかで「各学校には、教諭を置かなければならない」と規定されています。ただし、特別の事情があるときは、この規定にかかわらず、教諭に代えて助教諭又は講師を置くことができる(学校教育法第27条10項、第37条18項、第60条5項及び第69条4項)とされています。

教諭の資格については、大学(短期大学を含む)などにおいて、所要単位を修得し、普通免許状(専修、一種、二種)又は特別免許状の取得が義務付けられています(教育職員免許法第4条)。

しかし、教職員免許法第5条により、以下のいずれかに該当する者には、取得が認められていません。

(1)18歳未満の者。

(2)高等学校を卒業しない者。ただし、文部科学大臣において高等学校を卒業した者と同等以上の資格を有すると認めた者は除きます。

(3)成年被後見人又は被保佐人。

(4)禁固以上の刑に処せられた者。(5)免許状がその効力を失い、当該失効の日から3年を経過しない者。

(6)免許状取上げの処分を受け、当該処分の日から3年を経過しない者。

(7)日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者。

また、平成19年6月の教育職員免許法の改訂により、平成21年4月から「教員免許更新制」が導入されました。

これにより、普通免許状又は特別免許状の有効期間が、所要資格を得て(免許状の授与に必要な学位と単位を満たした状態)から10年後の年度末までとなり、免許状修了確認期限前の2年間に、大学などが開設する30時間の免許状更新講習を受講することが必要となりました。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.