家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

講師(こうし)

講師とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校(以下、「学校」と表記)において、教諭(教授)又は助教諭(准教授)に準ずる職務に従事する(学校教育法第37条16項、第92条10項及び第120条8項)職員のことです。

類似する職制に「非常勤講師」がありますが、これは学校教育法施行規則第64条に基づき「講師は常時勤務に服しないことができる」ことから設けられている職であり、一般的に講師の職は「常勤講師」と「非常勤講師」に分けられています。

大学(短期大学を含む)及び高等専門学校では、必要に応じて講師を置くことができます(学校教育法第92条2項及び第120条2項)。

また、それ以外の学校に関しては、特別の事情がある場合に限り、配置義務のある「教諭」職に代えて、講師を置くことができる(学校教育法第27条10項、第37条18項、第60条5項及び第69条4項)と規定されています。

大学における講師の資格については、大学設置基準第16条により、(1)教授又は准教授となる資格を有する者。(2)その他特殊な専攻分野について、大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力を有すると認められる者。とされています。

また、教育職員免許法第3条に「講師については各相当学校の教員の相当免許状を有する者ででなければならない」と規定されています。

そのため、教諭職と同じように、大学(短期大学を含む)などにおいて、所要単位を修得し、免許状を取得することが義務付けられています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.