家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

寄付金(きふきん)

寄付金とは、団体や企業、学校などに対して贈与する金銭を指します。

融資や出資とは異なり、利息や配当を受けるものではありません。また、返済義務もなく、その使途についても、寄付先に一任するのが一般的です。

学校法人で使用される、寄付金に類似した用語で「学校債」がありますが、これは学校法人が発行する債券の一種であり、通常無利子で卒業時には全額返還されます。

一部の私立学校の入学試験において、受験生に多額の寄付金を要求する問題が発生したことを受けて、平成14年に文部科学省から「私立大学における入学者選抜の公正確保等について」が通知されました。

この通知では、「学校法人及びその関係者は、当該学校法人が設置する私立大学への入学に関し、直接又は間接を問わず、寄附金又は学校債を収受し、これらの募集若しくは約束を行わないこと。入学に関する寄附金又は学校債の収受等により入学者選抜の公正が害されたと認められるときは、私立大学等経常費補助金を交付しない措置を講ずるものとする」などが示されました。

これに基づき、文部科学省から各国公私立大学長に毎年通知される「大学入学者選抜実施要項について」では、募集要項の内容について「寄付金等の納入を条件として入学許可を行うことのないようにすることが必要で、寄付金等を募集する場合は、募集要項において応募が任意であること、入学前の募集は行っていないことなどを明記する」ことを指示しています。

また、寄付金が所得税法第78条2項2号に基づく、特定公益増進法人に対する寄付金(特定寄附金)と認定された場合は、寄付者は所得控除を受けることができます。これを「寄付金控除」といいます。

しかし、入学願書受付の開始日から入学が予定される年の年末までの期間に納付した寄付金は原則として、学校の入学と相当の因果関係のある寄付金として寄付金控除の対象とはなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.