家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

入会金(にゅうかいきん)

入会金とは、入会するのに必要な費用のことを示します。

家庭教師業界における入会金は、初期費用や保証金としての意味合いが強く、金額も無料の場合から数十万円必要な場合までさまざまです。

入会金を納めるタイミングは業者により異なりますが、体験授業や面接を受け、指導を担当する家庭教師が決定したタイミングで、契約と共に入会金を納付するケースが多いようです。

しかし、業者によっては入会金を支払い、入会契約完了後に担当教師を決める場合もあります。

入会金の取扱いも業者により大きく異なります。一般的には、入会時に1回支払えば退会まで有効な場合がほとんどですが、業者によっては、退会後に再入会した場合には入会金を徴収しないサービスを行っているところもあります。

また、家族1人分の入会金を支払えば、兄弟姉妹の入会金を無料や半額に設定している業者もあります。

また、解約時の入会金の返金については、契約期間が2ヶ月以上及び契約金額が5万円以上(入会金、指導料、教材費、関連商品の販売などの総額)の家庭教師契約であれば、特定商取引法上での「特定継続的役務」に指定されるため、解約の際にクーリングオフ制度の適用が認められています。

その場合、業者は消費者に契約書を渡す義務があり、消費者は契約書を受け取ってから8日以内であれば、クーリングオフできます。クーリングオフは、ハガキなどの書面で、契約する解除する旨を書いて業者に通知します。

クレジットで入会金を納付した場合は、クレジット会社にもクーリングオフの通知を行います。クーリングオフした場合、業者は損害賠償や違約金の請求ができず、入会金も全額返還しなければなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.