家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

基礎テキスト(きそてきすと)

基礎テキストとは、学習の基礎・基本の定着を目的に編集作成されたテキストのことです。

教科書の学習内容をよりわかりやすく解説しているものや、基礎知識を覚えるために反復練習を目的にしたものなどがあります。

現在、学校で使用されている教科書は、学習指導要領の理念のひとつである「基礎的・基本的な知識・技能の習得」を目的に作成されています。つまり、現在の教育において、基礎知識の基準は学校指定の「教科書」であると言えます。

そのため、基礎テキストの多くは、学校の教科書に準拠した内容になっています。代表的なものとして、教科書の内容に沿って解説が行われている「教科書ガイド」(通称「虎の巻」「アンチョコ」)などが知られています。

また、受験用テキストの一種で、教科書の学習範囲外で入学試験に出題された問題などについて調べる参考書を「基本テキスト」と呼ぶ場合もあります。

基本テキストの内容は、教科書で学習すべき内容をより詳しく解説し、理解を深めることを目的に作成されているため、構成や説明の方法は各テキストによって異なりますが、覚えるべき内容は基本的に同じです。

そのため、1つの教科について、基本テキストは1冊に絞ったほうが考え方も統一的に覚えることができ、知識を整理しやすいとされています。

参考書や問題集では、同じ学習内容について、難易度や問題を変えて、「基礎テキスト」と「応用テキスト」に分けて出版しているものも多くあります。

代表的なものに、チャート式(数研出版)の「赤チャート」「青チャート」「黄チャート」「白チャート」、速読英単語(Z会)の「入門編」「基礎編」「応用編」などがあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.