家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ワークブック(わーくぶっく)

ワークブックとは、問題集の種類のひとつであり、補助教材(副教材)や自主学習用の学習帳などを示します。

類似する形式の問題集として、傍用(ぼうよう)問題集やドリルなどがあります。主に基礎的学力を培うことを目的に作成されており、学生向けのワークブックでは、ほとんどの業者が教科書に準拠した内容で作成しています。

そのため、文部科学大臣の指定を受けた教科書発行者は、自社の教科書に準拠したワークブックを出版しています。

学校によっては、補助教材として教科書準拠のワークブックを使用していることも多く、学校での授業中に学習内容の確認のために利用したり、自宅での自主学習用の復習教材として利用されています。また、補習塾と呼ばれる、学校での授業の補習を目的とした学習塾でも使われています。

ワークブックのメリットには、基本的学力の育成を目的としているため、基礎・基本が身に付いたかどうかを確認できるように段階別に問題を配列するなど、わかりやすくシンプルな構成になっていること、ワークブックに直接答えを書き込みながら学習できるので、家庭での自主学習に向いていることなどが挙げられます。

しかしその一方、基礎問題には特化しているものの、応用問題に対応しているワークブックは少ないため、基礎内容の暗記はできるが、応用力を身につけることは難しいとされています。

また、解答のみで詳しい解説などは付いていないことが多いため、数学などで詳しい解き方を知りたいときは、自分で教科書や参考書を基に調べなければなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.