家庭教師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

問題集(もんだいしゅう)

問題集とは、学習に用いられる教材のひとつで、演習問題や試験問題をまとめたもの全般を示します。

問題集の種類には、次のようなものがあります。

(1)出版社が独自に問題を作成してまとめたもの。ドリルや予想問題集。文英堂、受験研究社など。

(2)入学試験や資格試験などで実際に出題された問題をまとめたもの。過去問題集。「大学入試シリーズ」(教学社・通称「赤本」)、「全国高校入試問題正解」(旺文社・通称「電話帳」)など。

(3)学校の教科書に準拠して作成されたもの。傍用(ぼうよう)問題集やワークブック。「サクシード」(数研出版)、「ネオパル」(第一学習社)など。

(4)学習塾や予備校、通信教育業者などが、教材用に開発作成されたもの。代ゼミ、河合塾、駿台、東進、ベネッセ、Z会など。

またそれぞれ、学年別や教科別、難易度別によって区分されて出版されています。

受験用の問題集では、さらに学校別や出題年代別に細分化されています。難易度に応じて基礎テキストや応用テキスト、発展テキスト、受験用テキストなどがあり、出版社によっては、同じブランドをレベル別に発行している場合もあります。

代表的なものとして数研出版の「チャート式シリーズ数学」があり、難易度別に「赤チャート」(難関大学受験用)、「青チャート」(教科書レベルから入試上級レベル)、「黄チャート」(教科書レベルから入試中級レベル)、「白チャート」(教科書傍用の基礎レベル)に分けられています。

知識・技能の定着や、学力の向上に、問題集は欠かせません。そのため、自分の学力や目的に合った問題集を選ぶことが大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.